トートバッグのレザーハンドル

シンプルなハンドルになってます


まず、ハンドルを縫い合わせる為に、最初菱目打ちで穴を開けます。
この時、左右対称になる様に穴を開けるのですが、これが難しい。


穴の位置を合わせる作業


麻の糸で手縫いするのですが、縫う前にろう引きをします。麻の糸にろうを染み込ませて耐久性をあげます。


手縫いの作業ですね。


手縫いが終わり、縫い上がったハンドルのコバ面をヤスリ掛けをして滑らかにします。


コバ面に薬品を塗って磨きます。
革に染み込んだオイルが出てきて艶のあるコバ面になってます。


レザーハンドルの完成です。
ハンドメイドで作るって手間がかかるですね。

世界で一つのハンドメイドです。